70年代 アディダスヴィンテージジャケット Touring 西ドイツ製

70年代 アディダスヴィンテージジャケット Touring 西ドイツ製

皆さんも何度か見た事があるモデルではないでしょうか?
でも以外と知られていないのが正式名称、アディダスの公式サイトでは
Touring と紹介されています。
日本のアディダスマニアの中ではニット素材モデル等、だいぶ曖昧に
呼ばれていましたが、今後はこの名前で呼んであげても良いのでは
ないでしょうか。

Touring の初期モデルは1973年に作られ、スポーティー、快適、
ファッショナブルをコンセプトに作られたようです。
その為、現在でもスポーティーでありながらモードを感じさせるシルエット
に見受けられます。

今回は2点の同モデルをご用意させて頂きました。
真っ赤な色のベースのものと水色ベースの相反する色のタイプ。
殆ど同じ作りではありますが胸ポケットに付くワッペンが微妙に違います。
片方はトレフォイル、もう一方はBOXロゴの付いたもので、ちょっとした
違いも楽しめます。
このモデル両方に言えますがタグは西ドイツ製に類似していますが
タグには生産国表記がありません。
おそらくは西ドイツ製ですが、曲がりポケットモデル等にも同様に産国表記が
無い物が存在します。
素材はニット素材でアルミボタン、ボタンジャケットモデルと同じ様な
素材感ですが、現在判っているところではこのモデルにはボタンタイプは
存在しないようです。
先ほど記載したコンセプト部分に繋がりますが、このニット素材はとても
着心地が良く、着用の際には快適さを生み出しているポイントとなっています。

Touring の歴史的背景とコンセプトを踏まえて着用、所持して頂くと
よりこのモデルを楽しんで頂けると思います。
 
 

70年代 アディダスヴィンテージジャケット Touring 西ドイツ製 rouge の販売ページはこちらをクリックして下さい。
 
 
70年代 アディダスヴィンテージジャケット Touring 西ドイツ製 light blue の販売ページはこちらをクリックして下さい。